読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kiroku

冬の陽の短さ

ひとさらい

 

 

手打ちうどん職人たちを監視して金星人の夏が過ぎゆく

 

水田を歩む クリアファイルから散った真冬の譜面を追って

 

天井と私のあいだを一本の各駅停車が往復する夜

 

公園でひたすら脱臼しあってる恋人たちに降れよ 星とか

 

                                                      笹井宏之   歌集『ひとさらい』