kiroku

冬の陽の短さ

作曲家がその中で生活している限り、言葉は作曲家の生命の律動を担っているはずだ。言葉は人間の舌と切りはなすことができない。舌は呼吸と切り離すことができない。呼吸は心臓と切りはなすことができない。すなわち、音と言葉は、間に呼吸と心臓という生命の源を挟んで不即不離の関係にあるものなのである。

 

天上の音楽・大地の音楽  /  なかにし礼